独学でも宅建合格を目指せる|できることが広がる

実践力を養うことが重要

宅建の学習では、もちろん知識の習得も大事ではありますが、それ以上に実践力を高めるための学習をしなければなりません。特に独学で勉強する場合、どうしても基礎学習に重みを置きがちですが、あくまでも実践学習に時間をかけないといけないのです。

在学中の合格を目指すなら

不動産模型

まずは学習計画を考える

宅建の資格は大学生に非常に人気となっており、法学部の人はもちろんですが、それ以外の学部の人も積極的にチャレンジしています。できることなら在学中に合格を目指したいでしょうし、就職活動でのアピール材料にしたいと考えている人も多いでしょう。ただ、大学生は普段の授業やサークル活動、さらにはアルバイトなどもしているでしょうから、そういった時間の合間に学習することになります。そのため、しっかりと学習プランを立てて、計画的に取り組んでいく必要があります。さて、宅建の学習を始める上で、独学で勉強をしていくか、もしくは通信講座や予備校などを活用するか、そこをまずは考えることになります。もちろん、どちらを選ぶかはその人次第ですが、可能であれば独学での合格を目指したい人が多いでしょう。どうしても通信講座や予備校を利用するのは、金銭面の負担も大きくなります。それに、宅建は法律系の資格の中では、そこまで難易度の方も高くないので、独学でも十分に合格することはできるのです。宅建を独学で学習していく場合、法律の予備知識はどれぐらいあるのか、それを踏まえた上で教材を選び勉強していくことになります。法学部以外の人で、全く法律の知識がないような人は、まずは基礎を身につけることから始める必要があります。逆に、法律の予備知識をある程度持っている人であれば、基礎の勉強はそこそこにして、問題集や過去問題を解いたりして、実戦力を養っていくといいでしょう。

女の人

正しい勉強方法で

法律関連の資格の一つに宅建がありますが、資格取得にはこれといったルールもなく、基本的に試験に合格するだけです。よって取得しやすい環境が整っているとして注目されており、スクールや通信講座を利用する方法もありますが、独学で挑戦する方法も人気が高い傾向にあります。

勉強

最適なスタイルを探そう

宅建試験に臨むにあたり、最初の検討事項となるのが勉強方法です。スクールに通うか独学か費用面、学習スタイルの面など様々な点で違いがあります。どちらか一方が優れていると言う事は無いので特徴を知り最適な選択肢を見つけましょう。